2019/01/17

男たちはお熱いのがお好き!しゃべる給湯器の家族あるあるエピソード!


2年くらい前に実家の給湯器を買い替えました。

その給湯器はシャワーの温度を変えると「給湯温度を◯◯度に変更しました」としゃべります。

別にしゃべらなくてもいいんだけど、しゃべらなくする方法が分からず、しゃべらせっぱなしです(たぶん音量を調整すればいいのかな)。

そのままお正月を迎え、兄と弟が帰ってきて、ちょっとビックリすることが起こりました。

我が家のお風呂の設定は、湯船、シャワー共に41度に設定してあります。

私は湯シャン(シャンプーを使わずに頭を洗う)派で、ネットで色々調べて熱すぎる湯は頭皮の皮脂を洗い流しすぎてしまうのでよくない、40度くらいがいい、という情報をつかんでいました。

なので、お風呂に入るたびに、シャワーの設定を40度に直していました。

お風呂場で操作するのですが、しゃべるのはキッチンにある操作パネル。

私がお風呂から出て、次に弟が入ることに。

キッチンに響きます。




お!弟、ちょっと熱めでいったな。まぁ今日は寒いしね~。

弟の次は兄。

キッチンに響きます。




お~兄、43度、やるね~、気合いだね~。

なんて思っていたら、15分後またキッチンから、




誰だよ?そんな熱湯に耐えられる人間がうちにいるのか!?

心臓に悪いよ!髪の毛全部抜け落ちるぞ!




父・・・。髪の毛ほぼ全部抜け落ちてる・・・。

なんでゆでタコになって出てきた?・・・。

父「お正月だから体を清めないと、と思って。いつも水風呂みたいのにしか入ってないから」

父にとって41度は水風呂。

心臓に負担をかけないため、そしてガス代節約のため、いつもはがまんしてるとのこと。

父はこのあと、「あちぃあちぃ、南国にいるみたいだな」とか言ってリビングをうろうろしていました。



【関連記事】

兄の子どもたちがやってきた!

お正月することなんもね~!じゃぁ家族でイノシシ絵コンテスト!!











ランキングに参加しています!
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加