2018/05/03

「え!どうして?」セブ島で見かけたゆるすぎる人2


前回、セブ島で見かけたゆるすぎる人=パンツ一丁のエアギターおじさんについて書きましたが、書いているうちにみるみる記憶が蘇って、「他にもゆるすぎる感じの人いっぱいいたな」と思い出しました。


『「え!どうして?」セブ島で見かけたゆるすぎる人』











フィリピンの方というのは歌がすごく好きみたいで、滞在した語学学校のスタッフも、作業しながら歌をよく歌っていました。

部屋の掃除やシーツの取り替えをしてくれるハウスキーパーも、二人組でやってきて、歌を歌いながら完全に自分たちの世界に入り込んで仕事をしていました。

「歌を歌いながらのほうが効率がいい」といわんばかりに。

食事は学校施設内にある食堂でバイキング式でしたが、食事を提供して最初の30分くらいは、混雑を避けるために厨房スタッフが出てきて、料理を皿に盛るのを手伝ってくれます。

そのときもやはりというべきか、厨房スタッフは歌を口ずさみながら配膳していました(まちがいなく料理を作っているときも歌ってますね)。

食事後食堂を掃除するときも、モップをマイクにして歌っていました。




日本ではちょっとありえない光景だったので、最初は驚きました。

じ、自由すぎる・・・。

学校内だけでなく、町に出ても同じような光景が見られました。

中でもすごかったのは、ショッピングモール内のスーパーマーケットです。

ショッピングモール内の、洋服や化粧品などの店でも、壁に寄りかかっている店員をちょいちょい見かけましたが、スーパーマーケットはもっとルーズでした。

売り場で店員が寝転がった状態で、歌いながら品出ししていました。

パッと見、店員じゃなくて変質者に見えました。




私がその通路を通ろうとすると、「あ~、今いい感じにリラックスしてたのに・・・。じゃまされちゃった」とでもいうように歌うのをやめ、いかにもめんどくさそうに身を起こしました。



でもただ身を起こしただけで、立ち上がったわけではありません。

店のルールで下段の品出しをするときは、座ってもいいことになってるのかもしれませんね。

あるいは、そうしたルールそのものがなくて、とにかく品出しをすればいい、みたいな感じなのかも。

とりあえずスルーして隣の通路に足を進めると、またヘンな野郎が待ち構えていました。

さっきの野郎と同じように品出ししながら、脚立の上で大きく腕を広げ、歌を歌っていました。

ミュージカル?

なんか今にも踊り出しそうな気配。

うわぁと思って野郎の顔を見たら、バッチリ目が合い、ニコッとされました。

ニコッ、の意味がまったく分かりません。

このスーパーもうかってるのかな、大丈夫かなと思わずにはいられませんでした。

もう何年も前のことだけど、そのスーパーでは同じような光景が未だにくり広げられている気がします。

異文化を体験するという点では、セブ島留学かなりおすすめです。

常夏の楽園セブで<格安>語学留学

1週間73,000円から短期留学も可能!

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS




【関連記事】

『「え!どうして?」セブ島で見かけたゆるすぎる人』