2018/05/13

お金にマジで困って、キャバクラの面接に行ったときの話 ~失敗談~


男性は仕事などの付き合いで、キャバクラやスナックやガールズバーみたいな、いわゆる女の子のいる店に行くことがあると思います。

行きたくなくても、ノリノリの先輩や上司にむりやり連れて行かれる、なんて場面も経験した人はけっこういるんじゃないでしょうか。

それとは反対に、女性は付き合いやノリでホストクラブに行くことは、ほとんどないと思います。

すごく仲のいい女友達同士で、「ホストクラブってどんなところなんだろう?」と思って冒険的な感じで行くことはあるかもしれません。

私はまだ未経験です。もしすべてタダでいいなら、ホストクラブちょっと行ってみたい気はします。

ホストクラブってどんな感じなんでしょうか?

私の話が通じるのでしょうか?フランス文学の話をしても大丈夫?

私は彼らのことばを理解できるのでしょうか?

私はどちらかというと神経質なほうなので、場を荒らしてしまわないか心配です。




話をキャバに戻します。

一度お金にマジで困って、やけくそでキャバの面接に行ったことがあります。3年くらい前(けっこう最近)。

ただキャバの店内に入って、待機しているきらびやかな女の子たちを見ていたら、「私、なんかちがうな」と感じ、やめました。

そのときよく覚えているのが、みんなドレスから花のようなにおいがしていたのですが、自分だけうっすらと、にわかに、服からにんにくのにおいを放っていました。

アパートの部屋が北西に位置しているため、ベランダに日がいっさい入りこみません。洗濯物は風で乾かす感じなのですが、一年中常に生乾きっぽい。

最初はカビのにおいだったのに、くり返し洗濯していると、そのカビの奥の奥に、「おや?これはにんにくかしら?」というニオイがしてきました。

思わず疑いました。

これは誰かがドラッグストアの店頭で、にんにくパウダーを洗剤に混入させたにちがいない。そして私はそれを買ってしまったんだ!




そうでないなら、誰かがこの家に侵入し、私が洗濯機を回している間、こっそりフタを開けてにんにくすりおろしをひとさじ入れたにちがいない!




やられた!

とにかくこのニオイじゃ働けないと思い、キャバは断念。キャバがどうとかというより、生活の清潔さそのものを見直すことにしました。

しかし、除菌・抗菌などと書かれた洗浄パワーの強い洗剤というのは値段が高く、手が届きません。

そこで私がしたこと。

知らぬふりをしました。

よく嗅がなければ、たぶん、そんなに臭くありません。人には気づかれないレベル。

人に近づかなければいい。

そうすればニオイに気づかれない。お金はかからない。

そうやってごまかしごまかし生きてきました。そしてたぶんこれからも・・・。ただ満員電車などに乗ったときはさすがにひやひやしちゃいますね。

ちょっとした異臭騒ぎ。いやいや、ほんとにそんなに臭いわけじゃないです。

あ、でも、濡れると臭いかも。風呂上がりに使ったバスタオルがくっさいです。

なので雨の日は気をつけたいです。

そして最後にまとめとして、キャバ嬢というのは夢を売る仕事であると思います。そんなキャバ嬢になろうと思った自分がバカだった・・・。「おまえはにんにくでも売ってろ!」と自分に言い聞かせています。







毎日hulu(フールー)で『マツコ会議』観てます。
アニメの『NANA』も!
最近では2017年の映画『美女と野獣』も観ました。

huluはパソコンやスマホだけでなく、スマートテレビでも視聴できます。
うちのテレビはスマートテレビじゃなかったので、
Amazonで『Fire TV stick』というのを買って対応しています。


これをテレビの後ろにある端子に接続します。

リモコンはこんな感じでシンプル。


映画などはパソコンよりテレビで観た方が迫力がありますね。


   





人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村