2018/02/09

カーリングは頭脳プレイ。なめたらアカン【イラスト】




2018年平昌(ピョンチャン)オリンピック、いよいよはじまりましたね。

スノボーのハーフパイプが迫力があって観るのが好きです。

まぁよくもあんな薄い板一つで、空中を飛び回ることができるなぁと感心させられます。

10代の頃スノボー挑戦しましたが、靴を板にセットするのが精一杯でした。

あと、リフトに乗って、転ばずに降りるのがせいぜい。

転ぶと後ろの人に迷惑をかけてしまうのですが、まぁ2回に1回の割合で迷惑かけていました。

「転ぶかも、転ぶかも、あ~、やっぱり転んじゃった」ってね。

ゲレンデマジックでかわいく見えるはずが、80歳くらいのおばあさんに大変身ってかんじでした。

ゲレンデからはじき出されるように、休憩の大きめの小屋みたいなところに避難して、『ノルウェイの森』とか読んでいた記憶が。

あと、その小屋で販売されていたおしるこが異様においしかった記憶も・・・。


さて今日のイラストは、
そんなしけた記憶を吹き飛ばすような、
爽快な仕上がりになっています。

では1枚ずつ見てもらいましょう。


なぜ頭が光っているのかは
google+のほうを
見てください。







カーリングを描きたかったのですが、
よく分からなくなって
いったんストップ
(これはこれで面白い?)

それから書き直し































カーリングというのはまったく理解できませんね。すごく地味に見えるけど、オリンピックに出るレベルになると、筋トレとかもちゃんとしてそう。

カーリングを面白い競技だと言っている人に会ったことはありませんが、実際やってみればその面白さが理解できるんでしょう。

将棋や囲碁も、最初はクソつまんね~と思っていたけど、ちょっと教えてもらってやるようになると、ハマったりしますもんね。

しかしカーリングってどこに行けばできるんでしょうか。

とくに積極的にやってみたいとは思いませんが、オリンピック選手がただで教えてくれる的な、無料体験レッスンが家から2キロ以内の場所でやっていたら、ぜひ申し込みたいです。



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング