2018/02/28

冷蔵庫なしの生活にすっかり慣れてきました


昨年末に冷蔵庫が故障し、処分してから、冷蔵庫なしの生活を続けています。

冷蔵庫があったスペースは今こんなかんじになっています。


(下のふにゃふにゃした線はガスストーブの線)


一番下にもしものとき用の水(段ボール)の上に、前に住んでいたマンションの管理人さん(おじいさん)にもらったスチール棚風のものをセットしています。

そういえば、前のマンションではみんな引っ越すときに、要らないものを管理人さんにあげるという習慣みたいなものがあって、管理人さんがオーブントースターや電子レンジなどを引き取っている姿をよく見かけました。

管理人室は3畳くらいのスペースですが、置いてある家具家電はどれも新品でした。

すごくいい管理人さんだったということもあり、みんなが好意を持ってあげているみたいでした。

「食べ物や洋服をもらうこともある」と、管理人さんは言っていました(一番すごかったのははまぐり20キロだそうです)。

管理人さんと仲良くしていればおこぼれがもらえるかも、とたくらんだ私は、むだに管理人さんがいそうなゴミ置き場や古紙回収倉庫に出入りし、仕事の手伝いをしました。

作戦通り管理人さんが何か新しいものをゲットすると、「○○もらったけどいる?」と聞かれるようになりました。

そのおかげで、スチームアイロン(すぐ壊れた)、ヘアドライヤー(すぐ壊れた)、電気ケトル(すぐ壊れた)、プリンター(すでに壊れていた)、陶器製ミニ加湿器(すぐ割っちゃった)をもらうことができました。あとお菓子と本をたくさん。

ちなみにそこに住んでいたときは、冷蔵庫をくれるという人もいて、管理人さんが引き取り手を探している、という状況が2回くらいありました。

今だったら真っ先に手をあげるのに!

需要と供給のバランスがうまくいってませんね。

しかし、冷蔵庫のない暮らしにすっかり慣れてしまったので、新しい冷蔵庫を探すということもやめてしまいました。

それどころか、「一人暮らし 冷蔵庫ない 夏」で検索して、どうやって夏をしのいでいこうか考えています。

夏、納豆やバターやマヨネーズがどんな変化を見せるのか、未知なる領域に踏み出そうとしているわけです。

ひとまず、目の前の春を乗り切りたいと思います。


(我が家で一番活き活きしているもの)








じわじわとランキング上がってきました!
いつもあざーっす!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ