2017/10/02

重曹でピカピカ大作戦~オーブントースター編~



掃除・洗剤に関してあまりに無頓着でした。


こないだはさんざんでした。
※洗濯物の汚れに歯ブラシと家にある各種洗剤で奮闘した様子
 ↓  
『汚れちまった悲しみに』


ネットで色々調べているうちに掃除には重曹がいいらしいと知りました。


重曹の作用は主に次の5つです。研磨・中和・軟水・消臭・発砲


今回挑戦するのは研磨・中和・軟水作用を活かした掃除法。


せっかくブログに取り上げるなら、思いっきり汚れているモノがいいなあと思い、目についたのはこれ、






使用歴2年。掃除回数たぶん1回のニトリのオーブントースターです。


前面のガラス部分も、中の網も、底のトレイも焦げた物質Xがこびりついて絶望的です。


使うたびに焦げたニオイがするので、使うこと自体を避けていました。


それほど高価なトースターではありませんが、トースターの機能としてはまだまだ使えます。


しかし果たして汚れはすんなり落ちてくれるのでしょうか。



(触るのもイヤだな~というかんじ)






まず扉のガラス部分に重曹をふりかけていきます。




(ちょっとかけすぎちゃいましたね)




ベタベタしたところが重曹に吸収されたら、水で濡らしたスポンジでこすります。



(横に写り込んでいるのはサバの味噌煮です)







(ピカピカでございます)



中の網の部分は取り出せそうで取り出せません。たぶん思いっきり力を入れたら取れると思います。ただ嫌な予感がしたので、引っ張り出すのはやめときます。


でも、キレイにしなければならないので、






こんなふうに発熱する部分にダメージを与えないよう布巾をかぶせ、網の一本一本を重曹付きスポンジでこすっていきます。



トースターの底のトレイは、簡単に取り出せました。水に浸してカリカリになった大きな汚れを取ってからたっぷりと重曹をふりかけます。










15分放置。汚れが浮いてきたら、湿らせた布巾で拭きとっていきます。






油汚れは落ちてつるつるです。でも黒っぽくなっている部分は落ちません。表面を触ってみたら、へこんでいます。これはおそらく前回金網たわしで掃除したときに付けた傷です。


底なので、まぁいいとしましょう。



全体的にスッキリ。ニオイも完全になくなりました。重曹おそるべしであります。




(まだまだ使ってね~)




重曹は料理に使われることもありますが、今回使用したのはダイソーのおそうじ用重曹です。







品質には問題ないと記載されていますが、ところどころだまになっています。


あと、開閉部のチャックがゆるいので、保存するときは別の袋に入れたほうがいいかもしれません。



(スヌちゃんに収納)




以下、重曹に関する豆知識です(_ _)

【参考文献】
著・ヴィッキー・ランスキー


重曹はべーキングソーダとも呼ばれています。


ベーキングソーダは天然の無機物質で、その成分は地中の鉱床(こうしょう)、湖の沈殿物、地下水にも含まれています。


そしてなんとベーキングソーダが生まれる場所には「人体」も含まれています。


体内で作られたベーキングソーダは、血液のpH(ペーハー)バランスを保つ役割をしています。


唾液の中にも含まれていて、口内の細菌が作り出す酸を中和して、歯が溶けてしまうのを防いでくれています。



  Amazon.com


パックス重曹F 2kg



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村